スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
黒豆コーヒー
黒豆コーヒー今日は東京に春一番・・・じゃなかった、木枯らし1号が吹いたそうで。もうすっかり冬ですよ、奥さん。

冬はお豆を使った料理が似合う季節でもある、と勝手に認定。わたしは年中お豆さんとともに生きておりますが、冬は特にいいよな。煮込み系とかスープ系とか、いわゆるほっこり感を求めたくなるし。そこで滋味溢れる豆料理ですよ、奥さん。

と書きつつも料理ではないのだが、久しぶりに黒豆コーヒーをいれてみた。黒豆コーヒーと聞くと粉末状のものを想像されるかと存じますが、これはお豆さんを磨り潰さずに、そのまま使用するのがキモ。数年前、母が新聞で見つけたとかで教えてくれたのですが、それ以来、かなりハマってたな。

作り方は至って簡単です。
1)黒豆ひとにぎり分ぐらいをフライパン(中弱火)で炒る
(わたしは鉄のフライパンにクッキングシートを敷いてその上で転がしてます)
(いつも目分量のため正確な量がわからず適当に書いたが、ひとにぎりってちょっと多いかも)
(ああ確かマグカップの底が見えなくなる程度の量でよかったハズ)
2)黒豆の皮がピキピキと割れ始め、香ばしいカホリがたってきたら火を止める
3)黒豆をマグカップなどに入れ、お湯を注いでフタをして3分待つ→いただきます!

黒豆コーヒー2待つことでお豆は徐々に柔らかく、そしてお湯は真っ黒けっけになってきます。

モチのロン、飲むだけではなく、底にたまった黒豆もちゃんといただくのです。これがまた、ウマーーイわけ。ホクホクというよりはコリコリ。煮たものとは違った食感が楽しめます。お砂糖などの余計なものは加えていないので、ギュギュギュッと噛み締めると、香ばしさがじんわりと広がります。お豆さんの自然な甘みと香り、癒されますな。アロマティック!

簡単・お手軽で、カラダにも良い。最高ではないか!否、最高だ!最高ですかー?(懐かしい)
| お豆さん | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
Hummus(ガルバンゾのペースト)
フムス、またはハーマス、ときどきハマス、そしてハモス。ルーツは確か中近東あたりだったかと記憶しております。最近そっち系のレストランも多くあるそうなので、家で作るのもいいけど、是非とも本場の味を試してみたいですな。

作り方は至って簡単です。
1)ガルバンゾを茹でる←豆は缶でもいいが乾燥豆を茹でたほうが絶対にうまい
2)フードプロセッサーに豆とゆで汁、オリーブオイル、すりおろしたニンニク、レモン汁、塩コショウを適宜入れる←豆1カップに対して油大4・ニンニク大1・レモン大1ぐらいかと。あとはお好みで
3)バゲットなどにのせていただきます!

松の実があったので乗せてみましたが、パセリなどもよかろう。食べ方としてはやはりパンに合うかと。ピタなどがあればそれに野菜やゆで卵などと一緒に挟み、素敵サンドウィッチを制作するのも楽しかろう。

今回のはちょっと水分が多くて、ゆるーいテクスチャーになってしまいましたがそれでもうまかった。レモンの効いた爽やかな風味が、夏にぴったしカンカンです。
| お豆さん | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
豆源の海老豆と抹茶
久しぶりに豆源2種。揚げてあってしょっぱいのと甘いのと。豆源には恐ろしく種類があるけど、揚げラインは比較的安定した美味しさがあってハズしが少ない気がします。抹茶は思ったほど甘くなく、というか逆に渋みがあり、大人テイスト。気分的にはもっとアンマーいのが欲しかったので、ちょっとセレクトミス。

さあてヴェルディがどんだけレアルにチンチンにされてっかなーと、ワクワクしながらテレビをつけたところ。・・・後半で3点リードかよ!アハハー。
| お豆さん | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
クスクスとミックスビーンズのサラダ
かねてからの懸案事項であったクスクス。このところ、一気に食しております。「一体何をしたくてクスクス?」と自分がわからなくなり悩んだときもありましたが、いわゆる「世界最小のパスタ」であるからして、つまりはパスタと同じように扱えばいいのかもという推測と勇気のもと、チキンのトマトソース煮込みとか、豆のミネストローネとか、トマト系ばっかりだが、そういうものに入れたり添えたりしてました。

これは、ちょくちょくチェキさせて頂いている「Sunny’s Laboratory」さまを参考にさせて頂きました。こちらのレシピ、色々と参考になるものが多くて、かなり好き。綺麗でウマげな写真がそそります。

作り方は簡単です。
1)クスクスを熱湯で戻しておく
2)バジルペーストとマヨネーズ、レモン汁を適宜合わせる
3)クスクスとマヨネたち、豆、プチトマトをあえて→いただきます!

ミックスビーンズは缶で良し。但し熱湯に軽く通すとなおよろし(←いつの人?)。あと松の実をトッピングしました。

しかし、わたしが作るとどうしてこうも見栄えが悪いのか。説得力皆無。ウマかったのに。
| お豆さん | 21:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
豆源の豆かんと赤えんどう豆
マキネスティを出て麻布十番まで歩く。麻布十番ときたら、豆源でしょう。と思うんだけど、あそこもうなんつーか観光名所?みたいな感じでちょっと遠ざかってたよ正直。すごい混んでるし。

しかしここでしか売っていないアイテムがあるので入店。それは豆かん。そして赤えんどう豆。デイリーポータルZにも記載されていたように、豆源の豆かんはお豆さんの量が少ないのでね。赤えんどうを随時追加しつつ、豆メインで豆かんをいただくために、この「赤えんどう豆オンリーパック」が必須というわけです。

赤えんどう豆は皮にハリがあり、プチッとはじける食感が特徴的。塩味はさほど強くなく、反対に豆かんに備えられた黒蜜の甘みは結構強いので、あまじょっぱさを最大限に引き出すため黒蜜は少なめ+豆大量追加、でアレンジ。全体的な豆豆しさのグレードアップを計ったのち、いただきます。あはー、うんめえ。

もちろん寒天も美味しいけどね。しかし寒天食べるために買ってるわけじゃないから豆かん。あくまで主役は豆。常に。豆の引き立て役としての寒天だからわたしにとっては。例えばグリーンピースごはんとかも、グリーンピースとお米の粒の割合が逆になればいいのにと、グリーンピース8割+米2割でいいのにと、幼い頃からよく思ってました。

でも実際に大量のグリーンピースがあったなら。ただ茹でて、ただお塩をかけて、ただ喰らう。2割のお米がかえって邪魔になっちゃうんだろうネー。ジレンマ。
| お豆さん | 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/5PAGES | >>