<< 豚と白菜の蒸し煮のお鍋 | main | 浪花屋の柿チョコ&ホワイト柿チョコ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
PAULのクロワッサンショコとクロワッサンフロマージュ
PAULのとても大きなクロワッサン。上にかかったチョコレートのせいで、本体が全く見えません。レンジでちょっと温めたら、チョコがどろんと溶け出して、素手で食べられなくなってしまった。チョコが爪に食い込んでくる・・・ちょっとブルー。

なんでしょうか、クロワッサンなんだけど、バターの薫り、食感、共に至ってフツーでした。てか味があんまりしない気が。上のチョコがいけないのか。チョコが本来のクロワッサンのうまみを消しているのか。敢えてチョコバージョンを選んだのにそれが仇になったということか。なー。

クロワッサン・フロマージュ。これも、とても大きなクロワッサン。チーズをたっぷり乗せて焼き上げています。チーズ好き好き。チーズの薫りはオーブンで温めるととてもよく漂ってきました(外国の日本語直訳看板ふう)。

はあ、寒い・・・。昼間だと言うのにJUGEM重いよ!バカ!
| パン | 12:39 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 12:39 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://katayori.jugem.cc/trackback/147
トラックバック
PAUL(ポール)の「クロワッサン」
パンが美味しいお店だと聞いてポールる。一番人気かつパンの良し悪しが一番わかると...
| まろまろ記 | 2006/12/07 11:18 PM |
ブランチ「キャラメル・ショコラ・ブラン」PAUL(ポール)@羽田
1889年、フランス北部の街リールで生まれた老舗。 以前から気になってはいたものの、日本橋勤務中には八重洲店に行かず 仕舞いだった。 サクサク感としっとり感の両方を一度に味わえる生地。 キャラメル・ショコラは、独特の甘さがしつこくなくクセになりそうなお味
| 美味食楽 | 2006/07/21 2:41 PM |