スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
また2年ぶりに


2008年が暮れてしまいそうなので、滑り込みでメモリアルをポスティング。

今年も夏休みを利用してバンクーバーへ行ったのでした。このブログに載せるのも3回目か。行き過ぎゆえかいつもよりも写真の数が少なかったのですが、機内食は押さえてあった。しかし往路のみ。なぜなら復路は爆睡してしまったからです珍しく。

エア・カナダだからといって機内食が特にウマイってことはないんだろうけども、上のは結構美味しかった記憶があります。機内食のおコメがものすごく苦手なので、入ってないものがあるとそれだけで嬉しいのです。ちなみにコメの代わりとなる炭水化物はマッシュポテトでした。



着く前の朝食はフレンチトースト。
| バンクーバー旅行 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Siegel’s bagelsのmultigrain bagel


もうすっかりご無沙汰していたブログライフ。これまでも大して更新してなかったけど、そしてこれからも間隔は空き気味になるだろうけど、こんなに長い間管理者画面に入らなかったのってはじめてだなあ。で、ふと思い立って、再開。

カナダはバンクーバーで購入したベーグルのうちのひとつ。食べたのはずいぶん前だけど、メモを残していたのでまずアップ。Siegel’s(シーゲルズ)のベーグルはひとつひとつが大きくて、まさに「ぷっくり」という言葉がぴったり。買ったものの中では一番重いかもしれぬ、の、マルチグレイン。

ぷっくりルックスの印象どおり、外皮はパリッパリ。たくさんの雑穀たちがプチプチでめちゃくちゃ香ばしい。白ゴマ、押し麦、ひまわりの種、黄色くて小さいアワだかヒエだか(!?)みたいなのとかが渾然一体となったナチュラリーな味わい、まるで林を飛び交う小鳥にでもなったかのような気分…(これでもほめています)。

噛むと粉の甘さが口いっぱいに。粉があまい!中はモイスチャー=しっとり、で、ぎっしり。ヌッと歯にくっつくような感じもあり(これもほめています)、食べ応えという点でも最高でした。
| バンクーバー旅行 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
hy’s steak house


ホーンテッドマンションとか怪物くんとかをイメージしてしまう外観ですがれっきとしたレストラン、それもステーキハウス、しかも超極上。サイトはこちら。一歩中に入ると、店内はクラシックな英国調スタイルで、ザ・オトナにこそ相応しいシックでありつつも陽気な雰囲気。そんなステキ空間で、またもK様と旦那様にご馳走になってしまった。いつもアリガトウ…。そして、ラヴ。

やあ、旨かった。本当にまいった。降参です。わたしはゴルゴンゾーラが乗ったステーキというのをいただいたのですがこれがもう!!最高級のしゃぶしゃぶに用いられるような柔らかくてトロトロしたお肉を、スライスする前の段階、すなわち塊のまんま焼いちゃいました、という贅沢な味わいがたまりませんでしたな。無言でいただきました。んんんー思い出してまたシアワセな気分に…。そしてK夫妻ご推薦のチーズトーストが…絶品!あんなに美味しいチーズトースト、生まれて初めて口にしたよ。あまりにウマすぎなのでもうこれ以上触れたくない。ぐらい、超絶、美味。

サーブしてくれるウェイターのエンターテイナーっぷりが楽しかった。正確に言うと、ウェイター自身がやけに楽しそうだったのでこちらも楽しかった。しかし、肉を待つ→肉を食う→肉の余韻を味わう、の全工程においてあまりに上がりまくったテンションのせいでスイッチが完全にオフになっていたため、彼が何を言っていたのかほとんど聞きとれなかったし軽くムシしちゃって悪かったね…>ウェイター。
| バンクーバー旅行 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
Boulangerie la Parisienneでチーズケーキ




イエールタウン散策中にケーキ休憩。店名にブーランジェリーとあり、かつパリジェンヌでもある、という具合なので基本的にはフランスっぽいパン屋さんではありますが、カフェスペースもあってお茶も可能。ショーケースの中には美味しそうなケーキがキラキラと輝いており、たとえ空腹ではなくともどれか頼んでしまいたくなる衝動に加えて、Kが美味しいと太鼓判を押したので、それならばとブルーベリーチーズケーキをひとつ。

このブルーベリーの半端ない盛り加減が非常に北米的で嬉しい。一粒ひとつぶが大きくてハリがあって、ジューシィで芳醇よ。ていうかチーズが超うめかった!チーズをそのままかじってるのかと思うぐらいの濃厚さ。超ねっちり!チーズケーキの下半分がスポンジだなんて邪道ね!とか思っていたわたしでも、ここまで濃厚だとそれもまたよし、と納得できるほどの味と質感。コーヒーにあうあう。

パン屋さんなので当然ケーキのケースの横にはクロワッサンやらブリオッシュやらがずらっと並んでいたのだけれど、そのひとつひとつがすごく大きくてクロワッサンなんか厚みとか巻きとかが日本の倍以上あって、あまり食指が動かずスルーしてしまいましたがお味はどんなもんなのかしら。いまさら気になっても仕方ないけど。
| バンクーバー旅行 | 12:21 | comments(2) | trackbacks(1) |
MilestonesのEggs Benedict


数年前、エッグ・ベネディクト、通称エッグスベニーを初めて食べたのがバンクーバーだった。一瞬にしてそのクリーミィさとボリューム感ある不思議な味わいの虜になったものの、日本ではあまり見かけないので、好きなんだけど、つい存在自体を忘れてしまいがちではあった。それは「好き」とは言えないのかもね、とも思うけど、やっぱりバンクーバーに来るとキッチリ思い出す。わたしにとっては故郷(と書いてふるさとと読む)の味。的な。

だからこそ、バンクーバーでは食べておきたい。食べたいのよね!としつこく言っていたら、帰る目前、Kがイエールタウンのマイルストーンズに連れていってくれた。

カリカリに近い具合にトーストされたイングリッシュマフィンに、ハムとポーチドエッグを乗せ、黄色いクリーム状のhollandaise sauce(ホランデーズまたはオランデーズ・ソース)、をたっぷりと。これがキモ。これこそが味を左右するわけですよ。マイルストーンズのはちょっと味が薄かったような。もう少し濃厚でも構いませんのよわたくしは、と思ったけど、目標が達成できて、いい気分。



K嬢のカレー。この日はめちゃくちゃにいい天気。陽射しがキョーレツすぎたので、どの写真を見てもとびまくり。チカチカ!
| バンクーバー旅行 | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/11PAGES | >>